HIVニュース HIV,エイズ,発症,歯周病,HDAC

TOP > HIVニュース・ブログ > <歯周病>菌の作る酪酸がHIV活性化…発症の恐れ

HIVニュース・ブログ

Notepaper2

<歯周病>菌の作る酪酸がHIV活性化…発症の恐れ

歯周病がきっかけでHIV感染者によるエイズ発症が早まる可能性があるそうです。

歯周病の病原菌が作り出す酪酸が、潜伏しているエイズウイルス(HIV)を活性化させエイズを発症させる恐れのあることを、日本大学の落合邦康教授=口腔(こうくう)細菌学=らが突き止めた。米国の医学系専門誌に3月に掲載されるという。【斎藤広子】  白血球の中の免疫細胞に潜伏しているHIVは、酵素の一種「ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)」によって増殖を抑えられている。HDACの働きが妨げられると、ウイルスが活性化し、発症につながることがわかってきた。  一方、歯周病菌は増殖の過程で酪酸を大量に作り出す。歯周病患者の歯と歯肉の間の溝からは、健康な人の約20~30倍の酪酸が検出される。落合教授と名古屋市立大学の岡本尚教授(細胞分子生物学)らは、酪酸がHDACの働きを妨げることに注目。HIVが潜伏している免疫細胞に、酪酸を含んだ歯周病菌の培養液を加えたところ、ウイルスが急激に増殖することを実… (続きを読む)



国内外のHIVやエイズ関連のニュースを手動で集めています。
  • HIVとエイズを検査
  • HIV・エイズ関連ニュース
  • HIVとエイズの基礎知識